千葉支所管内多頭飼育引取り経緯 代表ブログより

12月(セナ・ルイ一族、セナ君は新しい家族とラブリーに過ごしています)、
3月(うに一族)に続き5/末日に第3弾の多頭飼育引取りがありました。
きちんと医療措置を施していればと言っても後の祭りです。


以下代表のブログより

5月31日 千葉県動物愛護センター支所管内での多頭飼育困窮者よりの犬48頭の引取が愛護センターより行われ、
私どもARChは主に要治療の必要がありそうな子をメインにARChとして9頭、ARCh協力病院の譲渡部門へ8頭と
計17頭の犬の引取をしました。

今回の引取はARChも行政と連動して、調査から飼い主への説得、そしてセンターへ収容して我々ボランティアへの
譲渡へと気持ちを方向を持っていくことへの協力から始まりました。

飼い主の説得まで実に1年ほどの時間が掛かりました。

どうしてか?

飼い主は犬を手放したく無いのです。手しかし住環境や近隣への迷惑、そして適正では無い犬の飼い方、不妊手術を怠った為の犬数の増加、もう飼い主には
犬を飼う事は物理的にも金銭的にも無理なのです。

大事なのは今回の引取は多頭崩壊ではありません。

崩壊の定義がわかりませんが、今回の引取に伴う費用は飼い主側で工面させたのです。

センターへ犬を持ち込む費用一頭につき、およそ3150円それの×48頭分。

およそ15万程の費用です。

人も犬も共倒れしない為に・・・

ARChは今回のケースは発覚からセンターより、ご相談を受けていました。

二転三転する飼い主の心理。

中途半端な周囲の支援。

犬メインだけで無く、2度とこの飼い主が不適切な動物の飼い方をしてはならないように考えを変えさせて行く事も
指導して行かねばならない事が行政の役割なのです。

取り上げるは簡単です。

でもそれをすれば、また飼い主は同じ事をするのです。

わかってもらうこと・・・これが今回のキーポイントです。

飼い主は元はただの動物好きの人間だったのです。

いつしか世話しきれない数に膨れ上がり、自分でももうどうしていいかわからなくなり、「なんとかしなくては。。。」と言う思考自体が止まってしまったのかも知れません。

歪んだ愛情は時間だけを無駄に過ごし、また犬が増えると言う連鎖を作りました。

一時、飼い主と連絡が取れなくなったと情報を聞きました。

なんとか犬も人も救いたい愛護センターや管轄保健所はその飼い主にお手紙をしたためたそうです。

それが飼い主の気持ちを動かし、今回の着手へと動き出しました。

私は過日にその立ち入り調査に同行しました。

6畳と4畳の部屋に50もの犬。

長年放置された糞尿で床は抜けそうな感じです。

不衛生極まりない環境で床にはゴキブリが這いまわり、おびただしい数のハエが飛んでいます。

鼻を劈くような強烈なアンモニア臭で露出している皮膚はピリピリと痛み出します。

想像を絶する世界に私は言葉を失いいます。

今後の事を話し合います。

犬の為、飼い主の為、一番いい方法を選ぼうよと言います。

それでも揺れる飼い主の心情。

粘り強い説得の末にようやく犬をセンターへ収容すると言う運びになりました。

当日、副代表あんなさんと私はセンターの依頼を受け、現地への引取の同行を依頼されました。

行政で無く、同じ世代の人間として、女性として、母として、適正かどうかは別として犬を飼っている人間として、
飼い主と歩み寄れるかもとの考えでのことです。

センター獣医の先生、職員さん、管轄保健所職員さん2名、不動産会社の方、そしてあんなさんと私で現地へ。

声を掛けてもなかなか外に出て来ない飼い主。

またふりだしに戻ってしまうのかもと緊張が走ります。

f0280186_17171349.jpg

ようやく玄関を開ける飼い主。

それでもまだゴタゴタと渋ってきます。

あんなさんが言いました。

「もうわかっているんだよね。頑張ったものね」

飼い主の目から涙がこぼれました。

どこで歯車が狂ってしまったのかはわかりませんが、責めるだけでは負の連鎖です。

ここまで粘り強く説得したセンターのU先生も本当によく頑張りました。

「センターとボランティアさんでなんとかするよ。」

しっかりとした子供が年老いた母を諭すように言います。

今後この飼い主がどうなるか、どう思うかはわかりません。

私は常日頃思うのです。

衝撃的な写真を載せ、言葉多くいろいろ書き立て、実情を露わにするもひとつのやり方なのかも知れません。

ですが、こうやって水面下で粘り強く説得を重ね、思考を改めてもらう事自体が一番大切な事なのでは無いかと。

見て見ぬふりをして、顔の見えないものを批判したところでその人の気持ちは変えられる訳はないと。

そうは言っても氷山の一角ですね。

でも我々はこうやって出来る協力をコツコツと粛々とこなすだけと思っています。

f0280186_17172571.jpg
f0280186_17200810.jpg
f0280186_17174860.jpg

5月31日

千葉県動物愛護センター東葛飾支所 案件C 48全頭 引取完了です。




[PR]

by Mummyy | 2017-06-01 17:40 | うに~シェリーちゃんに | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード